« クリスチャン・ボルタンスキーの展覧会エスパスルイ・ヴィトン東京で記憶を題材にした映像作品 | トップページ | ぐでたまぐでぐでカフェ札幌パルコに限定オープン雪まつりモチーフのショートケーキなど »

2022年6月 1日 (水)

スナオクワハラ2016年春夏コレクション出会いの喜びを教えてくれる服

(SUNAOKUWAHARA)が2016年春夏コレクションを発表。2015年にA-netを離れた後、初めてのシーズンとなる今季のテーマは「Nice to meet you」。
スナオクワハラは、より着る人に寄り添うブランドとなり、新たな気持ちをもって はじめまして というかたちで出会いにきてくれた。デザイナーの桑原直は「今までつむいできたことや想いを繋げていきながら、より純度の高いものづくりをしていきたい。今ここでしかない感覚を、服を通して自然に伝えていきたい」と語る。

原点回帰した今シーズンは、知的で大人の女性を意識したスナオクワハラを表現。クラシカルなムード漂うアイテムが目を引いた。風合いある素材には、ヨーロッパの伝統的家屋の壁紙にあるようなレトロなプリントを配している。また、セパレートのワンピースはバックスタイルに優しいドットを用いた。愛らしいその模様に反するクラシカルなスカートはエスプリの効いたデザイン。国内の職人がこだわって手掛けた上質な素材や色による不思議な組み合わせで、独自の世界観を創りあげた。
また、シルエットにもこだわったという今季。ワンピースには、胸元に緩やかな曲線のを施し、上身頃はベーシックなやストレートラインを体に添うように構成している。一方、裾はやを入れて柔らかい印象に仕上げた。体にフィットさせる部分と、体と衣服のあいだに空間を作る部分の2つにメリハリを付けて、360度どこからみてもエレガントなスタイルを完成させている。

さらに、目を凝らすと気づくディテールへのドラマティックな演エルメスベルトコピー出も。裾に添えた、少し傷をつけたクルミボタン、薄いコットンの繊細な。あくまでスタンダードを崩さないさりげない演出は、どのアイテムにも見受けられる。それはまるで、華やかさを添えることで、ブランドの新たなスタートをそっと喜ぶよう。
「今後は今までよりも、着る方の近くにいられるように」という願いが込められた新たなスタート。スナオクワハラは、静かにそして着実に一歩を踏バーバリーバッグコピーみ出した。

« クリスチャン・ボルタンスキーの展覧会エスパスルイ・ヴィトン東京で記憶を題材にした映像作品 | トップページ | ぐでたまぐでぐでカフェ札幌パルコに限定オープン雪まつりモチーフのショートケーキなど »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のコメント

無料ブログはココログ